新着情報

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~一人っ子政策の歪な影~ 続:週刊セールスインチャイナ第005回 
(2013年1月16日)
発行:セールス・インチャイナ株式会社 

http://www.sales-in-china.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

┌───────────────────────────────
│  I┃N┃D┃E┃X┃
│ ━┛━┛━┛━┛━┛

│◇はじめに

│◇”半中国人”浅野から見る中国 第5回 
│大きな社会問題に~一人っ子政策の歪な影~

│◇SICからのお知らせ、次回予告
└───────────────────────────────
—————————————————————–
■ 日本の正月にあたる大型連休の“春節(旧正月)”。多くの人が
帰省するこの大型連休前、旅行用品やお土産がよく売れる時期です。
弊社Webサイトでは、旅行カバンの売れ筋情報を無料公開中!
—————————————————————–
======================================================
■”半中国人”浅野から見る中国 第5回
大きな社会問題に~一人っ子政策の歪な影~

○男女構成比の偏りをもたらす
毛沢東時代に「多子多福」と、人口増加政策を採ったことで、人口が
急増しました。12億人にも達した人口を抑えるために、1979年に中国
で始まった人口規制計画のことを、俗に「一人っ子政策」と呼びます。
最近では、この政策がもたらした急激な少子高齢化が大きな問題と
なっています。
この政策が中国にもたらす悪い影響は、少子高齢化だけではありません。
たとえば、この一人っ子政策に違反すると、年収の3倍~10倍の罰金が
課せられる為、男児が欲しい家庭の場合は妊娠時に性別検査をし、女児
であれば中絶手術をするケースが増え、男女比が歪になりました。
(対象の年代で結婚できない男子が急増)

○戸籍を持たない子や『小皇帝』の増加
罰金を支払えないため、密かに生んで戸籍を取得せずに育てられた子供
も増えており、国民とは認められず教育や医療が受けられないという
問題も起こっています。育ててもらえるうちはまだいいのですが、
子供が生まれてから数時間の間に密輸業者に売り飛ばされることが、
未だ普通に行われているようです。
家を継ぐ子供は、両親と祖父母の6人の大人から一身に愛情を受けて育つ
ため、非常に甘やかされ家事も出来ず、躾もロクにされていないので、
社会に出てからもわがままで仕事が続かない、精神的にも肉体的にも
弱い若者が多くなります。これら一人っ子は、皇帝に仕えるかのように
家族が世話をする様を皮肉られ、『小皇帝』と呼ばれています。

○進む政策の見直し
最近、中国共産党・政府は、急速に進む高齢化や人口構成の変化に対処
するため、「一人っ子政策」の見直し作業を進めていると報じました。
都市部に限って産児制限を改め、第2子出産を認めることなどが見直し
の柱になるようです。
人口の増減問題は、国家にとっては大問題ですが、法律で規制するなど
国家が関与すると、ロクな結果にならないということがよくわかります。
たとえ人口が増えても、生まれてきた国民が幸せに暮らせるような良い
国作りを国家は目指すべきです。経済的に成長を遂げている今こそ、
果たすべき国家の責任を見直す時期ではないでしょうか。

======================================================
■SICからのお知らせ・次回予告
======================================================
・Tmall売れ筋情報公開中!

http://www.sales-in-china.jp/sic/investigation/download_archives/index.html

公式ホームページ上にて無料公開中の“中国EC売れ筋商品”データ、
今週は、春節の大型連休に向けた旅行鞄のデータを公開中です。

・次回予告
来週第6回のテーマは、2013年、中国経済の見通しについてです。
新政権が進める景気刺激策の効果はいかに?今年の展望をお伝えします。

今週の週刊セールスインチャイナは以上です。
最後までお読みくださり、ありがとうございました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━