新着情報

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
週刊セールスインチャイナ ~「無印良品」じゃなくて「無名良品」号 ~
第008号(2011年1月4日) 発行部数:134部
発行:セールスインチャイナ http://sales-in-china.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
┌─────────────────────────────
│  I┃N┃ D┃ E┃ X┃
├○ ━┛━┛━┛━┛━┛

│■今週のSIC厳選ニュース

│■タオバオモールのレアデータ
│  ~「無名良品」とは?~

│■楽酷天の軌跡
│  ~楽酷天にVANCLが出店~

│■編集後記
│  ~中国ECの大きな構造変化~
└─────────────────────────────

今週の一言
(あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。)

============================================================
■今週のSIC厳選ニュース
============================================================

【中国全般】
中国大陸部の億万長者、38万人超に

http://j.people.com.cn/94475/7246899.html

北京の最低賃金が1,000元の大台超える―中国

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=48127

クーポン利用で訪日客取り込め広がる中国人観光客ビジネス

http://moneyzine.jp/article/detail/190687

【中国IT&EC】
中国のスマートフォン、世界でシェア獲得

http://j.people.com.cn/94476/7246906.html

吉利自動車300台が1分で完売、「淘宝」でネット販売

http://japanese.beijingreview.com.cn/jj/txt/2010-12/31/content_322170.htm

============================================================
■タオバオモールのレアデータ ~「無名良品」とは?~
============================================================

アリババ、新しいECプラットフォーム「無名良品」モールを今年早々に開始!

http://tech.163.com/10/1227/01/6OSF2SV9000915BF.html

(※中国語サイトです↑)

上の中国語サイトの紹介によると、「無名良品」モールは、アリババが淘宝網で開設
する総合ショッピングモールで、プラットフォームの開設の目的はアリババの「誠信通」
会員が小売りをすることができるようにするためらしい。
B2BのアリババがB2Cのチャネルを作る…ということでしょうか。

「無名良品」モールに入るには2,980元/年の入会費用と1,000元/店の保証金を
支払う必要がある。
それ以外にも、成約の旅に技術サービス費用を支払う、ともあります。

今日現在では、「無名良品」モール(http://lp.taobao.com)画面が準備中なので、
見ることができませんが、どのくらいの企業誘致ができたのか?
どんなイメージのサイトなのか?タオバオ、タオバオモールとの連携はどうなるのか?
分からないところ満載ですが、非常に楽しみです。
日系企業の中国進出にも、良い影響が出ればいいですね。

============================================================
■楽酷天の軌跡  ~楽酷天にVANCLが出店~
============================================================

自社製造のカジュアル衣料をネットで販売して、大ヒットしているB2Cサイトの
凡客誠品VANCL(www.vancl.com)が楽酷天に出店を決めました。

中国のユニクロと言われている、凡客誠品VANCLは、設立3年の若い企業ですが
売り上げは20億元に迫ると言われている急成長企業です。
また昨年の5月には、中国EC初のアウトレットネットモール(http://www.vjia.com/)
を開設しノリノリの企業です。

これまで凡客誠品VANCLは、自社サイトのみで販売していましたが、どういうわけ
か、ECプラットフォームに出店しました。新たなブランディングでしょうか?

凡客誠品VANCLは、多彩な商品ラインナップを持っていますし、イマイチ、商品ラインナップ
がパっとしない楽酷天からすれば、この凡客誠品VANCLの出店は願ってもないチャンスでしょう。

それにしても、アリババのB2C進出、当当網と京東網の攻防、凡客誠品VANCLと楽酷天の提携。。
今年も中国ECは戦国時代の様相のヨカンです。

============================================================
■編集後記 ~~
============================================================
昨年の11月にこのメルマガを始めて2か月、配信第8回になりました。
以前にも増して中国ECについて注目していますが、日々、ネタに困る
ことがないほど、各EC企業が色々な挑戦をしています。
2011年は、間違いなく中国ECが大きな構造変化をする年になると
感じています。日本企業にも必ず大きなチャンスがやってきますので、
波に乗り遅れないようにしたいものですね。

今週の週刊セールスインチャイナは以上です。
最後までお読みくださってありがとうございます!
今年もよろしくお願いします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━