新着情報

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~生鮮食品も全土配達可能?アリババの新プラットフォーム~ 続:週刊セールスインチャイナ第045回 
(2013年7月17日)
発行:セールス・インチャイナ株式会社 

http://www.sales-in-china.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

┌───────────────────────────────
│  I┃N┃D┃E┃X┃
│ ━┛━┛━┛━┛━┛

│◇お知らせ
│◇”半中国人”浅野から見る中国 第40回 
│  ~生鮮食品も全土配達可能?アリババの新プラットフォーム~
│◇SICからのお知らせ、次回予告
└───────────────────────────────

—————————————————————————————————-
■■先週もこのコラムでお伝えしていた、国家版権局の著作権侵害撲滅活動
” 剣網行動”ですが、ECサイト以外にも、百度・優酷・土豆・愛奇芸・テンセン
ト・捜狐・新浪・迅雷など、影響力のある動画サイト・音楽サイトをその範囲に
収める予定だそうです。一網打尽とはいかないかもしれませんが、徐々にで
もこういう政府としての行動が起こってくることは、ニセモノに悩まされてきた
日系企業にとってはありがたいことですね。
—————————————————————————————————-
==========================================================
■”半中国人”浅野から見る中国 第40回 
~生鮮食品も全土配達可能?アリババの新プラットフォーム~

○生鮮食品ネット販売の新しい試み

広い中国で、これまで非常に難しかった生鮮食品の個別配達が可能になりつ
つあります。仕掛けたのはやはりアリババでした。
果物や野菜などの生鮮食品を配送するサービスを、各地の物流会社や航空会
社と提携し、北京、上海、広州、深セン、杭州、天津など大都市中心に26都市
対象に試験的に開始する予定、とのことです。天猫商城のプラットフォームで、
「E速宝鮮生活」と命名し、7月12日から開始するようです。

○今までは特定都市のみが対象

生鮮食品の配達としては今まで、ネットスーパー大手の1号店など、一部で行
われていました。1号店は中国ネットスーパーの最大手で、世界最大のスーパ
ーマーケットチェーンであるウォルマートも出資しています。洗剤などの生活用
品や飲料、酒類などの嵩張る・重たい商品などが、労力をかけず家まで届くと
いうことで、主に上海などの都市部を中心に利用者を伸ばしています。特に上
海では、天猫の宣伝とともに、地下鉄など様々な場所でこの1号店の宣伝を
見かけるくらいメジャーな存在で、私の会社のスタッフでも利用者は多いようで
す。ただ、1号店の宅配サービス、特に野菜や果物といった生鮮食品について
は、配達網の問題もあり上海市内など、特定の地域にしか配達されません。
今回「E速宝鮮生活」では、最初は試験的に大都市を中心とした26都市から開
始されますが、段階的にこの範囲を広げてゆく計画のようです。

○物流網の改善で、新たな市場開拓の可能性

CEOを引退した、アリババのジャックマーが仕掛けたこの作戦。これまで非常
に難しかった生鮮食料品の配送が可能になることで、あらたな市場が開拓され
そうです。全体に普及するのには1-2年かかると思われますが、高い安心安全
性を誇る日本の食品に関しても大きな市場となると思われます。

日本でもヤマトホールディングスが、生鮮食料品を冷やしたまま外国に送る国
際クール宅急便を、年内に開始すると発表しました。まず取り扱うのは香港向け
で、将来は台湾など他のアジア地域に拡大するようです。わざわざ外国から取
り寄せる送料がかかってでも欲しい製品、すなわち、 “日本でしか手に入らない”
ような独自製のある商品であれば、プレゼント需要など新たな需要が見込めそ
うです。そのうち、新鮮な日本産の食品が、中国のどこにいても入手できるよう
になるかもしれませんね。

==========================================================
■次回予告

・次回予告
来週の『浅野から見る中国』は、猛暑でネット販売が好調!など、最近の中国EC
に関する気になるニュースをまとめてお届けします。

今回の週刊セールスインチャイナは以上です。
最後までお読みくださり、ありがとうございました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━